So-net無料ブログ作成
検索選択

何があかんの??? [バスフィッシング]

2008年6月28日

前回の七色から2週間ぶりにイッシーと共に琵琶湖へ出撃。

今回は七色で出る幕の無かった新品コンデジを持って、デッカいの釣って
写しまくって帰る予定でしたが釣りの神様は微笑んでくれませんでした。

朝一貝捨て場に入り風任せで流されていくと友人にはポツポツとヒット。

管理人には当たりもなく8時過ぎまでボウズ状態、8時過ぎに貝捨て場の
ほぼ下の辺で子バッチ2匹ゲット。

ほぼDH近辺まで来たのでもう一度4本柱近辺まで戻り再度流す。

するとイッシーが爆発してしまいました。

50近い奴を頭にバカバカ釣るは釣るわ。

4往復したのに爆発やまず(x。x)゜゜

管理人霞む霞む。それでも1発デカそうなの掛けるも痛恨のラインブレイク。

それでも当たりが遠のいたので雄琴近辺まで移動し再度流す。

ここでもイッシーの爆釣止まらず、管理人も子バッチを数釣るも霞むほど
そしてここでも1発デカそうなのをまたもやラインブレイク。

まさかPEが切れると思ってなかったので管理人ボーゼン。

イッシーに慰められ気を取り直し続けるも子バッチのみで終了。

天気に裏切られ神様にも裏切られた1日でしたが楽しい1日でしたわ。


恒例の七色 [バスフィッシング]

夜0時集合で七色へ向けて出発しまっさ。

ええ話は聞いてないがのーんびり釣りしてきます。

詳細は帰ってから書きます。

で結果はあきまへんな~。

大又川インレットでデカいの見つけて1時間ほど粘るも完全無視、そのほかの
40~50クラスが小さく見えるサイズだっただけにとても残念。


連日叩かれまくってプレッシャー掛かりまくりみたいな感じでした。

朝一にダムサイトまで下るもサイト連中がウジャウジャで”トップになんか出ねーわなー”と
暫くウロウロするも諦め、大又インレットに入ってみると子バスがかなりの数見えてるので
行けるかと上がれるだけ上がってみた。

これ以上エレキでも上がれんと言うところまであがりトップ投げまくる、1投目から後ろに
心臓バクバクもんのサイズを頭に数匹追っかけてくるが人を見るとスーッと。

反転して目に見える範囲に留まりやがる。

明らかに60オーバーの奴を頭に50オーバー40オーバーゴロゴロ。

どれもこれもシッポがすり切れたオス。

アフターに入りつつももう一つ追い切れんみたいな感じで1時間半ほど粘り、子バス数匹上げ
て本流まで戻りながら試して見るもインレットほど生命観感じず。

色々試しながら上流へ向けて釣り上がって行くも反応は余り良くない。

この後数匹上げ11時半廻ったので昼食の準備にスロープまで戻り、テーブルにコンロに
水を用意し管理人の昼飯分沸かして昼食タイム、飯の前にコーヒーでも飲もうと準備を
するも友人に運んでもらってたケース開くとマイカップがねー!  (@_@)

準備段階でケースから出してそのままにしてたの忘れてたー。

折角この日の為にコーヒーセット新調してコーヒー豆まで用意したのにシクシク。

コーヒー飲めないのでそのまま一人で昼食タイム。

車の荷室の端に腰掛けてカップ麺食いながらボーッとしてると、メンバーが徐々に
帰還してくる、それを眺めながら仲間の昼食用のお湯をせっせと沸かし順番に昼食タイム。


釣果を聞くもみんなよく似た状況。

昼食後何時もの如くまったりとした時間を過ごし管理人が再度出発したのは1時過ぎ。

この後本流インレットに西ノ川インレットと攻めるも午前のように血を滾らせるサイズには
ついに出会わず子バスを多数ゲットしこの日の釣行を終了しました。

この後は何時もの様にきなり温泉入ってBBQタ~イム。友人が釣ったイカの刺身を
つまみながら肉食って酒飲んで12時近くまで友人達と語らい就寝しました。

毎度の事ながらメチャメチャ楽しい時間でした。

こういう時間は経つのが早すぎ。

次回を既に待ちわびてる管理人がいます。